[トラブル]スケッチ転送開始直後にシリアルポートが消える


#41

情報ありがとうございます。

この辺の記事を参考にしてたのですが、MKII側のVCCピンの接続自体は必要なようです
接続した上で別途給電が必要なようで

ArduboyをONにすると(USB未接続)一応AVR ISP mkIIのLEDが正しい色になったので使えるのかなと思ったのですが Atmel Studio 7からは認識されず、まだ何か足りないようです。

どちらにしても Atmel Studio + AVR ISP mkIIではダメっぽいのでArduino IDE + UNOで再度試してみます。


(hisadg) #42

Leonardoで繋いだ時は、Arduino IDE 1.6.9同梱のArduinoISPスケッチを修正して使いました。
たしかにピン番号はソースコードを読むほうがよいですね :slight_smile:

GitHub版のURLは、どこのものを使いましたでしょうか? 1.6.9同梱版との違いを見てみたくなりました。


#44

復旧できたので下記にまとめました。wikiなので、なにかあれば追記願います。
http://community.arduboy.com/t/bootloader-avrisp-mkii-atmel-studio-7/1892


(koteitan) #45


これですね。ArduinoISPの作者の人だと思います。


(koteitan) #46

…ちなみにbootloaderを壊したきっかけは、RAMをたくさん使うプログラムを書いてコンパイルしたときにArduino IDEが「メモリ容量の残りが少ないため動作が不安定な状態になる場合があります」という感じのメッセージを出してきたので(スタックとかがあふれるんでしょうか)、それならいっそどのくらいまで動作がもつか調べてやろう、brickedの復旧方法を書いてるコミュエントリもあるし、とか思ってRAMとPROGMEMを限界まで攻める実験をしてたときに壊しましたorz
(普通はこういうのって領域に書き込みロックしたりライターの方でチェックされるんじゃないんでしょうか。。)


#47

(普通はこういうのって領域に書き込みロックしたりライターの方でチェックされるんじゃないんでしょうか。。)

まぁ~コンパイルしてるだけでエミュレーションとかしてるわけじゃないので実行結果がどうなるかまではチェックしきれないかと、C,C++ではその辺は自己責任だと思います。

そもそも書き換えられる部分にBootloaderがある時点でどうなんだという根本的な話が(苦笑)
なんでbootloaderの書き先がEEPROMじゃなくてFlashなんだよ… Arduinoの仕様みたいですが、Flashなので部分的に書き込み禁止にもできないのかと

既に確認済みかもしれませんが、Arduinoのメモリがどのような挙動になるかについては下記のドキュメントを確認されたほうが良い気がします。参考まで。

私はライブラリいじってて何回かSketch書いてたら動かなくなった人です、サンプル的に作ってたのでメモリを食い潰すってのもなかったのですが…簡単に壊れるものだなと


(hisadg) #48

gitのURLありがとうございます!:slight_smile:

ぱっと見た感じ、Leonardoで使うならICSP関連のdefineが追加されてるIDE 1.6.9版を使うのが良さげでした。